アブラギリ

アブラギリ(トウダイグサ科)[油桐]

名は、キリに似ていて油を搾ったことからついたもの。エゴマの油に似ているが有毒なので別名ドクエ(毒荏)という。
暖地の丘陵~山地で野生化しているが、本来の自生ではなく、古い時代に中国から渡来したものと推定される雌雄同株の落葉高木で、幹は直立して高さ10-15mになる。江戸時代前期にはすでに栽培されていた記録がある。
樹皮は淡灰褐色で平滑、縦筋がある。若枝は無毛でやや太く淡緑色で褐色の皮目が多い。2年目には暗褐色になる。
葉は質はやや厚く互生し、長さ12-20cm、幅8-16cmの卵形~広卵形で縁に鈍鋸歯があり、基部は心形で先は短くとがる。上部が3裂するものが多く、特に幼木ではその傾向が顕著。切れ込みの底にしばしば腺が生じる。表面は深緑色で無毛、裏面は緑白色で5本の掌状脈の基部に褐色の毛があるほかは無毛。葉身の表面基部に有柄の腺点が1対ある。葉柄は長さ6-25cmで淡紅色を帯びる。
枝先に円錐花序を出し、雄花と雌花が別々に花序をつくる。雄花序は幅22-25cm。花は白色で直径2cm。花弁は5個で初め基部は淡黄色だがのちに紅色を帯びる。雄花の花柄は8mm、萼は長さ8mmの筒状で花時に2中裂する。花弁は長さ1.8cmの狭倒卵形で5個。腺体は長さ2.5mmで5個。雄しべは普通10個あり、5個ずつ2列に並ぶ。内側の雄しべが長く、花糸の中部まで合着する。雌花序は小さく、幅9-12cm、花も少ない。雌花の腺体は長さ1.5mm、長さ4mmの楕円形で紫褐色の短毛を密生する。花柱は3個でそれぞれ2中裂する。
果実は直径2-2.5cmの扁球形の堅果で、3本の溝があって10-11月に熟すが裂開しない。種子は長さ約1cmの扁球形で普通3個入っている。
近似種のオオアブラギリ(シナアブラギリ)とともに種子を搾った油はエレオステアリン酸を含む乾性油(空気中に置くとすぐ固まる油)で桐油(とうゆ)とよばれる。かつては灯火、油紙、和傘、雨合羽、提灯などに用いられ、その後ペイント、ニス、印刷用インクなどに使われた。有毒なので食用にはできない。材は軟らかく、下駄、木箱、家具の部分材などに使われる。木炭は漆器研磨に使われる。樹皮の浸出液はタンニンを多く含み、漁網の染料や革なめしに使われる。
オオアブラギリは、葉の裏面全体に黄褐色の細毛がある。葉身基部の腺は無柄。果実は直径4-5cmの球形で溝はなく、先がとがる。
切れ込みのない葉はイイギリの葉に似ているが、イイギリには葉柄頂部のほか葉柄基部付近にもそれぞれ1対ずつ蜜腺がある。
花期:5-6月
分布:帰化植物
撮影:2017.5.30 神奈川県横須賀市
アブラギリの花
花弁の基部は淡黄色でのちに紅色を帯びる。 2016.5.31 神奈川県横須賀市

アブラギリの葉
葉は3裂するものが多い。 2017.5.30 神奈川県横須賀市

アブラギリの樹皮
樹皮は淡灰褐色で平滑、縦筋がある。 2018.5.17 神奈川県横須賀市

イイギリに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。