アカバナ

アカバナ(アカバナ科)[赤花]

名は花が赤いからではなく、秋に葉が紅葉することからついた。山野の湿ったところや休耕田などに生える多年草で、高さ20-60cmになる。葉は対生し、卵形~卵状楕円形。茎葉は赤みを帯びることが多い。茎の上部の葉腋に直径1cmほどの紅紫色の花をつける。花弁の先は浅く2裂する。雌しべの柱頭は棍棒状。よく似たイワアカバナの柱頭は球状。
花期:7-9月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.8.28 青森県八戸市

イワアカバナに戻る ミヤマアカバナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。