アカシデ

アカシデ(カバノキ科)[赤四手]

若葉が赤色で、雄花が紅色を帯びた黄褐色で赤く見えることからこの名がある。別名ソロシデノキコソネという。
山野の肥沃な湿ったところに生える雌雄同株の落葉小高木~高木で、高さ10-15mになる。庭木として植栽される。
樹皮は暗灰白色で平滑、皮目が多く、老木になると筋状のくぼみが目立つ。
葉は互生し、長さ4-8cm、幅2.5-4cmの卵形~卵状楕円形で基部は円形、先は尾状に長くとがる。縁に不揃いの細かい重鋸歯がある。側脈は7-15対。表面は鮮緑色でほぼ無毛、裏面は淡緑色で脈上と脈腋に粗い毛がある。若葉は赤色で目立つ。葉柄はほぼ無毛で長さ0.7-1.8cm。葉は秋に紅葉する。
葉の展開と同時に開花し、雄花序は長さ4-10cmで無柄、前年枝の葉腋から下垂し、苞は紅色を帯び、広卵形で先端は鋭くとがり縁に軟毛が生える。雄花は苞に1個ずつつき、雄しべは8個、葯の先は紅色を帯び、軟毛が生える。雌花序は長さ2cmの柄があり、本年枝や短枝の先端につき、上向きあるいは下垂する。苞は卵状披針形。雌花は苞に1個ずつつく。
果実は堅果で8-9月に熟す。果穂は長さ5-6cm、果胞は葉状でまばらにつき、基部の両側に小さな裂片がある。果胞の基部に堅果が1個つく。堅果は長さ3.5mmの広卵形で表面に縦の筋がある。
よく似たイヌシデは、葉先は長く伸びず短く突き出て鈍い。葉柄は長さ0.5-1.2cmと短い。秋には黄葉する。
花期:3-5月
分布:北・本・四・九
撮影:2016.3.31 横浜市戸塚区
アカシデ-2
枝先に目立たない雌花序も見える。 2016.3.31 横浜市戸塚区

アカシデ-3
若い果穂。葉の先は尾状に長く伸びる。 2016.7.27 横浜市戸塚区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。