アケビ

アケビ(アケビ科)[木通・通草]

名は、果実が口を開くから「開け実」、果実の色から「朱実」、果実が口を開いた様子が「あくび」に似ているからなど諸説ある。
山地に普通に生える雌雄同株のつる性落葉木本で、他の樹木に巻き付いて長く伸びる。つるは右巻き(上から見て反時計回りに巻き上がる)。北限は青森県であるが、青森県ではごくまれで、アケビといえばミツバアケビを指す。
樹皮は暗褐色で浅い割れ目があり鱗状になる。
葉は無毛で長枝で互生、短枝で束生して2-3個つき、掌状複葉で5小葉からなる。葉を見れば3小葉のミツバアケビとの区別は容易。小葉は長さ3-10cmの狭長楕円形で全縁、基部はくさび形~円形で先は円くてときに先端がくぼむ。小葉柄は長さ0.5-3cm。表面は濃緑色で裏面は淡緑色。葉柄は長さ3-10cm。
散房状または総状の花序が葉の間から下垂し、先の部分に直径1-1.5cmの雄花を数個、基部に1-3個の雄花より大きくて柄も長い直径2.5-3cmの雌花をつける。花弁はない。雄花は長さ1-2cmの花柄の先につき、萼片は淡紫色~白色で3個、雄しべは紫色で6個あり、葯は花糸の外面に2個並んでつく。雌花は長さ4-5cmの花柄の先につき、紅紫色の萼片3個と紅紫色で円柱形の雌しべが3-9個ある。
果実は長さ5-10cm、直径3-4cmの楕円形の液果。9-10月に黄褐色~紫色に熟して縦に裂開する。果肉は白色で甘く、褐色~黒褐色で長さ5-7mmの種子が多数ある。
ミツバアケビは山地に多く、3出複葉で長い柄がある。花は黒紫色。果実はアケビより大きい。
ゴヨウアケビは、アケビとミツバアケビの自然雑種とされ、小葉は普通5個、ときに3個で縁に波状の鋸歯がある。花はミツバアケビより薄い暗紫色で果実はできない。
アケビやミツバアケビの茎は漢方では木通(もくつう)とよばれ、利尿等に用いられる。
アケビと同じく掌状複葉になるムベは、葉は常緑で光沢があり、萼片は大きく、外側に反る。分布は西日本に傾く。
花期:4-5月
分布:本・四・九
撮影:2017.4.10 神奈川県横須賀市
アケビの雄花
雄花。 2016.4.8 横浜市南区

アケビの雌花
雌花。 2016.4.8 横浜市南区

ミツバアケビに戻る ムベに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。