アケボノスミレ

アケボノスミレ(スミレ科)[曙菫]

名は花の色を明け方の空の色にたとえたもの。
スミレサイシンの仲間で、太平洋側の内陸山地の明るい乾いた林内に生える無茎性スミレ。節間の接近した太い根茎を横に伸ばし、葉と花茎を出す。
花のころは葉が内側に巻いていることが多く、ときには上の写真のように葉がまったく出ていなくて、地面から花だけが顔を出していることもある。托葉は長さ0.7-1cmで離生し、淡緑色で膜質。葉身は円心形で花時で長さ4-8cm、花後に10-12cmになる。縁に低い鋸歯があり、基部は深い心形で先は急に短くとがる。裏面はやや紫色を帯びるものも多く、両面と柄に微毛がある。葉柄は長さ5-10cm。
花茎は高さ5-10cm。花は華やかで大きく、直径2-2.5cmで花弁長さ1.5-2cmで幅が広く、淡紅色~紅紫色で重なり合うように咲く。唇弁に紫色の筋があり、側弁の基部にわずかに白毛があるかまたは無毛。距は長さ3-4mmと短く太い。芳香のあるものも多い。萼片は長楕円状披針形。花柄の中ほどに披針形の苞葉が1対つく。
果実は長さ1-1.5cmの蒴果で、先はとがり紫斑がある。
花色が黒紫色のものをクロバナアケボノスミレ、白色のものをシロバナアケボノスミレという。
スミレサイシンは、主に日本海側に分布し、花は青味が強く、葉はやや照りがある。托葉は褐色、側弁は無毛。
ナガバノスミレサイシンは、葉が細長いこと、巻いている葉が早めに展開することで見分けられる。
花期:3-5月
分布:北(南部)・本・四・九
撮影:2002.4.21 青森県南郷村
アケボノスミレ2
2008.4.28 山梨県都留市

スミレサイシンに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。