アキノハハコグサ

アキノハハコグサ(キク科)[秋の母子草]

春に咲くハハコグサに対して秋に咲くことからこの名がある。
やや乾いた山地に生え、高さ0.4-1mになる1年草。上部で分枝し、白い綿毛がある。
葉は多数あって互生し、長さ3-6cm、幅2.5-7mmの披針形で、基部はやや茎を抱き、先はややとがる。表面は緑色で裏面は白い綿毛が密生する。
枝先に散房状に多数の黄色の頭花を密生してつける。総苞は長さ4mm、幅6-7mmの球鐘形。総苞片は淡黄色で5列に並び、花後に開く。外片は短く、白毛がある。
痩果は細点があり、冠毛は汚白色。花柱は花冠より長い。
絶滅危惧ⅠB類(EN)であるが、思いがけず身近なところに生育していることがある。この写真も、新設舗装道路脇のコンクリート擁壁のわずかな隙間に根を下ろしていたもの。撹乱地に生える先駆植物であり、いずれはここから消え去る運命にある。
ハハコグサとよく似ているが、花期がまったく異なるので普通は間違うことはない。ただ、ハハコグサが秋に咲くこともあるので多少注意が必要となる。
アキノハハコグサは上部でよく分枝し、その枝が長く、葉の表面は緑色で裏面は緑白色、葉の先はとがるのが特徴。ハハコグサは枝をあまり分けず、枝を分けても上部で短く枝を分ける。葉の両面が白色を帯び、葉の先はあまりとがらない。
花期:9-11月
分布:本・四・九
撮影:2004.10.3 青森県東部
アキノハハコグサ-2
絶滅危惧種が何でこんなところに?そういうところに生える植物らしい。

ハハコグサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。