アキノキリンソウ

アキノキリンソウ(キク科)[秋の黄輪草]

名は、花をベンケイソウ科のキリンソウにたとえ、秋に咲くことからついたという。
低地から山地の高原まで、日当たりのよいところであれば場所を選ばず生える多年草で、茎は直立し高さ30-80cmになる。幅広い環境に生えるせいか変異が多く、いろいろなタイプが見られる。茎はやや硬くて直立し、上部には短毛がある。
葉は互生。根生葉は普通、花時には枯れてないが、長い柄がある卵形~長楕円形。茎の下部~中部の葉は翼のある柄があり、長さ7-9cm、幅1.5-5cmの卵形~長楕円状披針形で先はとがり基部は円形~くさび形、縁に鋸歯がある。上部の葉は無柄、長楕円状披針形で表面に毛を散生し、裏面は無毛。
茎の上部で枝を分け、それぞれの枝先に多数の黄色い頭花を散房状または総状につける。花柄は長さ3-6mmで有毛、長さ1mmほどの小苞がある。頭花は直径1.2-1.5cmで、1列、4-6個の雌性の舌状花と中心の両性の筒状花からなり、いずれも結実する。総苞は長さ5-6mmの狭鐘形で総苞片は4列で鈍頭、内片は線形、外片は短く長さ1mm。舌状花は長さ6-8mm。
果実は円柱形で無毛の痩果。冠毛は長さ3.5mmで白色。種子のついた冠毛が開き、風に飛ばされて繁殖する。
セイタカアワダチソウと同じ仲間。高山型の変種はミヤマアキノキリンソウとよばれ、背は低く、総苞片は3列。
オオアキノキリンソウは北海道西南部・東北北部に生え、アキノキリンソウよりも葉が大きく、花付きもよい亜種。痩果の上部に毛がある。
八丈島に生えるハチジョウアキノキリンソウは、高さ10-20cmと背が低い。
花期:8-11月
分布:北・本・四・九
撮影:2013.9.22 山形県鶴岡市

ミヤマアキノキリンソウに戻る
 オオアキノキリンソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。