アマナ

アマナ(ユリ科)[甘菜]

地下の鱗茎が食用になり甘みがあることからこの名がある。日当たりのよい土手や田のあぜ、草原などに生える多年草で、鱗茎から長さ15-20cmの線形で幅0.5-1cmで白緑色の葉を2個つける。葉の間から花茎を伸ばし、花被片が6個で暗紫色の筋がある花を普通1個咲かせる。上部に長さ2-3cmの苞葉が2個つく。花は日が当たると開き、雨天・曇天時は開かない。夏季は地上部はなくなり、鱗茎で休眠する。よく似たヒロハノアマナは、葉の幅が0.7-1.5cmあり、中央に白い筋が入る。
花期:3-4月
分布:本(福島以南)・四・九
撮影:2010.3.12 東京都文京区

ホソバノアマナに戻る キバナノアマナに戻る チシマアマナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。