アメリカフウロ

アメリカフウロ(フウロソウ科)[亜米利加風露]

北アメリカ原産の1~2年生の帰化植物で、1932年に牧野富太郎が京都市南部で見い出し、現在では全国に広がり、道端や荒れ地に普通に生える。
茎は微細な白色の開出毛と腺毛を密生してよく分枝し、斜上または他に寄りかかり高さ10-40cmになる。
葉は長い柄があって対生し、幅3-5cmの卵円形で基部近くまで掌状に5-7深裂して裂片はさらに細裂する。越冬する葉の葉縁はしばしば赤みを帯びる。葉柄の基部に1対の托葉がある。
葉腋から散形花序を出して、直径0.5-1cmの淡紅白色の花を2-6個つける。花期は長いが最盛期は5-6月。花の色は白に近い薄いものが多いが、ときに濃い紅色のものもある。小花柄は長さ0.5-1.2cm。萼片は長さ5mmで5個、縁に開出した長毛があり先端に硬い棒状の突起がある。花弁は5個で萼とほぼ同長。雄しべは10個。雌しべは1個。
果実は長さ1.7-2cmの先が嘴状に細くなる線形の蒴果で、微毛に被われて上向きにつき、熟すとゲンノショウコのように5裂してはじける。種子は長さ約2mmで表面に網目模様がある。
混同しやすいオランダフウロは、葉は羽状複葉で果実は長さ3cm、あまり見かけない。
花期:5-9月
分布:帰化植物
撮影:2004.5.2 埼玉県東松山市
アメリカフウロ-2
2018.4.27 川崎市宮前区

アメリカフウロ-3
茎には白色の開出毛と腺毛を密生。萼片の先は棒状突起がある。
2018.4.27 川崎市宮前区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。