アメリカイヌホオズキ

アメリカイヌホオズキ(ナス科)[亜米利加犬酸漿]

戦後に渡来し1951年に採集された北アメリカ原産の帰化植物で、高さ30-60cmになる1年草。イヌホオズキに似ているがやや湿ったところに生える。茎は細く、若い枝にはまばらに伏毛があり、よく分枝して横に広がる。
葉は長さ0.5-4cmの柄があって互生し、長さ2-12cm、幅1-5cmの卵形~長卵形で基部はくさび形、先はとがる。縁は全縁または2-4個の大きな波形の鋸歯があり、表面と裏面脈上に短毛が散生する。イヌホオズキに比べ幅が狭く、質は薄い。
枝先や茎の節間から花序を出し、先の1点から散形状に2-4個の花をつける。花序軸は長さ0.8-2cm、花柄は長さ0.4-1cmでそれぞれ伏毛が生える。萼は長さ約2mmの鐘形で短毛がある。花冠は淡紫色または白色、直径4-5mmの皿形で5深裂して裂片はとがり反り返る。雄しべは5個で花柱を囲み、葯は黄色で長さ約1.5mm。花後、花柄は下に垂れる。
果実は直径5-7mmの球形の液果で、黒熟して光沢がある。中に多数の種子を含む。種子は直径1.1-1.2mm。
よく似たイヌホオズキは荒れ地に生えるが、これはやや湿り気のあるところに生え、葉は質が薄く幅は狭い。どちらも黒く丸い実をつけるが、イヌホオズキは光沢がなく、本種は光沢がある。しかし、ほかにオオイヌホオズキ、ケイヌホオズキ、ムラサキイヌホオズキなど近似種が帰化していて区別は易しくはない。
花期:7-9月
分布:帰化植物
撮影:1998.8.15 埼玉県東松山市

イヌホオズキに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。