アメリカオニアザミ

アメリカオニアザミ(キク科)[亜米利加鬼薊]

ヨーロッパ原産の帰化植物で、道端や荒れ地に生え、高さ0.5-1.5mになる2年草。最初、北海道で確認され、東日本各地に広がっている。北海道では勢いがよく、牧場の害草となっている。全体に著しいひれ(翼)があり、ひれには硬く鋭い刺がある。葉は羽状に深裂し、縁に刺がある。頭花は1-3個つき、総苞は長卵形、総苞片は線形で先は鋭い刺になる。
花期:6-9月
分布:帰化植物
撮影:2006.7.23 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。