アメリカオニアザミ

アメリカオニアザミ(キク科)[亜米利加鬼薊]

名は、オニアザミに似て刺が鋭く、アメリカからの飼料に混じって入ってきたのでこの名がついた。別名ヒレオニアザミセイヨウオニアザミという。
ヨーロッパ原産の帰化植物で、最初1960年に北海道で確認、採集され、主に東日本をに広がっている。牧草や雑穀の種子と一緒に入ってきたものと考えられている。北海道では勢いがよく、牧場の害草となっている。生態系被害防止外来種リスト掲載種。
茎は直立し上部で分枝して高さ0.5-2mになる2年草。原野や河川敷、道端などに生えるが、ときに人家の庭に生えてくるときもある。全体に著しいひれ(翼)があり、ひれには硬く鋭い刺があるのでもちろん素手では扱えず、駆除には革手袋着用が必須となる。
根生葉は羽状に深裂してロゼットをつくるが花時にはない。茎葉は互生、楕円形で不規則に中~深裂し裂片は3-6対、縁と表面に長さ約1mmの刺が密生する。裏面にはクモ毛が生え白色、基部は茎を抱く。
頭花は枝先に1-3個が上向きにつき、総苞は長さ2-4cm、幅3-4cmの長卵形。総苞片は粘らず8-9列、全て線形で先は鋭い刺になって開出~反曲する。総苞外片は長さ1-1.5cm、先端に長さ1-2mmの刺がある。筒状花は両性で淡紅紫色、長さ3-4cm、裂片は長さ6-8mm、広筒部は長さ約4mm、狭筒部は著しく長く2cm以上ある。花床には長さ1-2cmの白色剛毛状の鱗片がある。
果実は茶褐色、長さ3-4mmの痩果。冠毛は長さ約2cmで羽状に分枝する。種子は1個体から約3,000個もできるという。
花期:6-9月
分布:帰化植物
撮影:2006.7.23 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。