アメリカホド

アメリカホド(マメ科)[亜米利加塊芋]

在来の塊芋に似ていて、アメリカから渡来したのでこの名がある。別名アメリカホドイモという。アメリカ原住民はこれを食料としていたという。
明治時代に渡来した北アメリカ東部原産のつる性の多年草で、最初は観賞用に導入されたか、りんごの木の苗木を導入したときに土について入ったといわれている。
塊茎が食用となるので、救荒植物としても栽培された。北海道と東北地方の一部で野生化しており、牧場や畑、やや湿った林縁などで見かける。現在も、青森県などで盛んに栽培され、産直でアピオスの名で販売されている。
細長い根茎のところどころが膨れ、紡錘形の塊茎となる。地上茎は他物に絡みついて長さ2-4mになる。
葉は奇数羽状複葉で小葉は質は薄く、狭卵形~卵形で先はとがり2-3対つく。小葉柄に短毛が密生する。
葉腋から出た総状花序に多数の蝶形花が5-数10個が密集してつく。花のつく節はこぶ状に膨らみ、2-4花がつく。萼は長さ約3mmで浅く5裂し、最下の1片のみ細くてとがり、他は変角形でときにやや不明瞭。花冠は紫褐色、長さ1-1.3cm、旗弁は幅が長さの2倍長、外面は緑白色で内面は帯紫褐色。翼弁と竜骨弁はうねっていて濃色。
果実は長さ5-10cmの扁平な線形の豆果で無毛。裂開するとらせん形によじれる。
在来のホドイモは林内に生え、塊茎は同様に食用となる。小葉は卵形~広卵形、花は淡黄色で長さ6-7mm、花序はややまばら。塊茎はくびれない。
花期:6-9月
分布:帰化植物
撮影:2000.8.27 青森県東北町
アメリカホド-2
蝶形花が密集する。 2005.9.4 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。