アメリカタカサブロウ

アメリカタカサブロウ(キク科)[亜米利加高三郎]

在来のタカサブロウ(別名モトタカサブロウ)に似ていて外来種なのでこの名がある。タカサブロウの名の由来は古名のタタラビの転という説があるが不詳。1948年に神戸市で初めて採集された。
熱帯アメリカ原産で、田のあぜや道端、海岸などに生える1年草。茎の下部はやや匍匐し、上部は斜上して高さ10-60cmになる。
葉は対生し、長さ6-10cm、幅0.8-1.8cmの披針形で基部はしだいに狭くなり先は尾状にとがる。縁に明らかな鋸歯があり、表面に伏毛が生える。
上部の葉腋から細い花柄を出して直径約0.5-1cmの頭花をつける。頭花は雌性の舌状花と両性の筒状花からなる。総苞片は2列で内片が短く、上部は急に狭くなってとがる。花床には鱗片がある。舌状花は白色でほぼ2列に並ぶ。筒状花は緑白色で先が4裂する。
舌状花の痩果は3角柱形、筒状花の痩果は平たい4稜形で先端に1-3個の歯があり、側面全体にこぶ状の隆起がある。痩果は長さ約2-3mm、幅約1.5-2mm、側面は若いときから黒く、熟すと黒褐色になる。冠毛はない。痩果は水流に乗って運ばれる。
在来のタカサブロウは、葉の幅が1-2.8cmと広く、基部がやや広くなる傾向があり、鋸歯は目立たない。花柄は長い。痩果は長さ2.6-3mm、幅約1.5-2mmと大きく、側面中央部にのみこぶ状の隆起があり、縁は平滑で透明膜質の翼があるので幅広に見える。側面は若いときは淡緑色で熟すと明るい褐色となる。
花期:7-11月
分布:帰化植物
撮影:2015.9.26 横浜市戸塚区
アメリカタカサブロウ-2
花茎はタカサブロウより短い。 2016.7.29 神奈川県三浦市

アメリカタカサブロウの花
舌状花はほぼ2列に並ぶ。 2018.9.11 横浜市栄区

アメリカタカサブロウの果実
痩果の上面は菱形。 2018.9.11 横浜市栄区

アメリカタカサブロウの果実-2
翼はなく、4稜形のくさび形で側面全体にこぶ状の隆起がある。 2018.9.11 横浜市栄区

タカサブロウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。