アオイスミレ

アオイスミレ(スミレ科)[葵菫]

名は葉がウマノスズクサ科のフタバアオイに似ていることから。花後に伸びる葉が著しく大きいことから、フキの葉に見立ててヒナブキの別名がある。
スミレの仲間では春もっとも早く咲くものの一つ。人家近くの丘陵地~低山の樹林下など湿り気の多いところに生える多年草で、高さ3-8cmになる地上茎のあるスミレ。全体に軟らかい毛で覆われている。地下茎は太く短く横にはう。
根元から左右両側から筒状に巻いた葉が出る。長さ1.5-3cmの円形~円心形で先は円く、縁に低い鋸歯があり、両面にビロード状の毛を密生する。葉柄は長さ2-8cm。托葉は広線形で縁に腺毛がある。果期には葉が著しく大きくなり、越冬するものがあって翌年の花期にも残っている。
花茎は根生し、あまり直立せず斜めに伸び、有毛で長さ4-7cm。花は直径1-1.5cm、白に近い淡紫色でうつむき加減に咲き、ときに芳香がある。個々の花がまとまらず、散らばったような見栄えのよくない咲き方をする。萼片は狭長楕円形で毛があり、鈍頭。花弁は5個で長さ1-1.3cm、上弁は反り返り、側弁は平開せず前方に突き出ているものが多い。唇弁に紫条があり、距は短く、長さ3-4.5mmで先が太く上向きに反る。雄しべは5個、雌しべは1個で花柱の先は下向きにかぎ形に曲がる。
花後、根元から地表を走る匐枝を出して先に新苗をつくる。
果柄は湾曲して地表に向かう。果実は長さ5-6mmの球形で粗い毛を密生した蒴果。やや肉質で、裂開しても種子を飛ばさず、蒴片は扁平になり舟形にならない。種子の種沈は他のスミレより大きい。
花がよく似たエゾアオイスミレは、葉が卵形で先がとがり、花期に越冬葉がなく、匐枝を出さない点が異なる。
花期:3-5月
分布:北・本・四・九
撮影:2006.3.24 東京都武蔵野市
アオイスミレ-2
2013.3.12 東京都文京区

エゾアオイスミレに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。