アオミズ

アオミズ(イラクサ科)[青水]

山野の陰湿地に生え、茎は直立し、高さ30-50cmになる1年草。全体が緑色で多汁で軟らかい。
葉は葉身と同長程度の長い柄があって対生し、長さ3-10cmの菱状卵形、基部は広いくさび形で先は尾状に伸び、ややとがる。縁に5-10対の3角形の鋸歯があり、3脈が目立つ。托葉は小型で1-2mm。
葉腋に長さ1-3cmの集散花序がつき、小さな雄花と雌花を混生する。雄花は花被片と雄しべが2個ある。雌花の花被片は線状披針形で3個あり不同長で果実より短い。
果実は長さ1.2mmの広卵形の痩果で、表面に褐色の隆起した点が散在する。
よく似たミズは、茎が通常紫褐色を帯び、葉の鋸歯がとがらず、葉先も尾状にならないことなどで区別できる。
花期:7-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.9.4 青森県五戸町
アオミズ-2
2016.11.18 神奈川県横須賀市

ミズに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。