アレチニシキソウ

アレチニシキソウ(トウダイグサ科)[荒地錦草]

空き地や道端などに生える原産地不明の1年生の帰化植物。関東以西、特に近畿地方で急速に分布を広げているという。
茎は基部でよく分枝して地をはい、先は斜上する。
葉は対生し、長さ5-8mm、幅2.5-5mmの楕円形~長楕円形で縁に低い鋸歯があり先は円い。表面は斑紋がなく、無毛または長軟毛がまばらにあり灰緑色、裏面は密に白色の伏毛があり白緑色。
葉腋に1個ずつ杯状花序をつける。
果実は長さ1.2mm、直径1.3mmの扁球形の蒴果で3稜があり、稜上と基部に密に白い長毛が生える。
よく似たハイニシキソウは、茎が地をはう性質がより強く、茎の色は赤みが強い。葉は小さく、葉の色はアレチニシキソウほど白っぽくない。
花期:5-10月
分布:帰化植物
撮影:2015.8.8 埼玉県吉見町
アレチニシキソウ-2
右上に見える果実の稜と基部に長毛が生えている。


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。