アゼナ

アゼナ(アゼナ科)[畦菜]

名は田のあぜによく生えることからついたもの。
水田や湿地に普通に生える1年草で、茎は4稜形で根元からよく分枝して直立し高さ10-20cmになる。
葉は厚みがあって十字対生し、長さ1.5-2.5cm、幅0.5-1.2cmの卵円形~楕円形、全縁で無柄。3-5個の平行脈が目立つ。
対生する葉の両側の葉腋からそれぞれ細長い花柄を出し、長さ5-6mmで淡紅紫色~白色の唇形花を1個ずつつける。上唇は2裂、下唇は3裂する。雄しべは4個で2個ずつ長短がある。萼は5深裂し、裂片は線状披針形。開放花の開花より前に閉鎖花もつける。
果実は長さ3-4mmの楕円形の蒴果。
戦後、アゼナに似ているが、葉に鋸歯があり、4個の雄しべのうち2個が葯のない仮雄しべになっているアメリカアゼナとよばれる帰化種が多く見られるようになった。これには葉の基部が葉柄状に細くなる系統(Cタイプ)と基部が円く茎を抱く系統(Rタイプ)が知られ、前者は(狭義の)アメリカアゼナ、後者はタケトアゼナとよばれている。
花期:8-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.8.8 宮城県古川市
アゼナ-2
葉は全縁。 2015.8.8 埼玉県吉見町

タケトアゼナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。