バイカウツギ

バイカウツギ(アジサイ科)[梅花空木]

名は、ウツギの仲間で花がウメを思わせることからついたもの。南国に多いので別名サツマウツギというが、鹿児島県での自生は確認されていないという。北限を岩手県と書いてある図鑑がほとんどだが北限は青森県である。
枝先に純白の花をふっくらと咲かせるさまは、清楚で上品な趣がある。初夏、柔らかく開いた花は、かすかに甘い香りを放つ。
山地の林縁や沢沿いに生え、よく二又分枝して高さ1-3mになる落葉低木。髄は白く、樹皮は灰褐色で縦に薄くはがれる。若枝は赤褐色で縮れた軟毛がある。
葉は対生し質は硬く、長さ5-10cm、幅1.5-4cmの卵形~広卵形で縁にまばらな突起状の鋸歯があり、基部は円形で先は尾状に伸びて鋭くとがる。両面に微毛が散生し裏面は特に脈沿いや脈腋に多い。基部近くから伸びる3本または5本の葉脈が目立つ。葉柄は長さ0.5-1cm。
枝先に集散花序を出し、直径2.5-3cmの白い花を5-10個つける。花柄は長さ5-7mmで白毛がある。苞は線形。萼筒は長さ3-4mmの倒円錐形で白毛がある。萼片は4個、長さ4-5mmの卵形で縁に短毛が密生する。花弁は4個、長さ1-1.5cm、幅0.8-1.1cmの広卵形で先は円く平開する。雄しべは約20個。花柱は無毛で長さ8mm、先が4裂し、花柱の枝は長さ2mm。
果実は長さ7-8mmの倒卵状円錐形の蒴果で、萼片と花柱が宿存し9-10月に熟し4裂する。種子は多数で褐色、長さ1.5-2mmの狭長楕円形で片側に膜質の翼がある。
葉の裏面に毛が密生ものをニッコウバイカウツギ(ケバイカウツギ)といい、本州に分布する。脈腋を除き無毛で花柱に毛があるものをシコクウツギといい、愛知県以西と四国、九州に分布する。
園芸種もよく庭木として栽培されるが、品格において野生のバイカウツギには遠く及ばない。茶花にはやはり野生種ということになろう。
花期:6月
分布:本・四・九
撮影:2002.6.16 青森県南部町

2003.6.15 岩手県岩泉町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。