ベニバナボロギク

ベニバナボロギク(キク科)[紅花襤褸菊]

アフリカ原産で昭和22年に九州北部で見出された帰化植物で、茎は軟らかく、直立して高さ30-80cmになる1年草。道端や伐採跡、山火事跡などに発生し数年で場所を移すパイオニア植物。シュンギクに似た強い香りがあり、海外では食用や飼料とされる。
葉は互生し、濃緑色で長さ5-15cm、幅1-8cmの楕円形~倒披針形で基部はくさび形、先はとがる。両面に伏毛がある。下部の葉は不規則に羽状に裂ける。葉は短い柄があり茎を抱かない。
花序は下向きに垂れ、朱赤色の花をつける。総苞は長さ1-1.3cmの円筒形。総苞片は線形で1列、小さな副片(外片)が散在する。舌状花はなく、筒状花のみからなる。花冠下部は白色、花冠上部は鐘状に広がり初め紅赤色でのちに橙赤色に変わる。雌しべは花冠から突き出て先は水平に2裂してのちにくるりと巻く。
果実は暗褐色で長さ2mmほどの痩果で10稜がある。冠毛は長さ1-1.2cmで白色、脱落しやすい。
よく似たダンドボロギクとは別属で、ダンドボロギクは花序が直立してうなだれない。
花期:8-12月
分布:帰化植物
撮影:2016.8.4 神奈川県横須賀市
ベニバナボロギク-2

ダンドボロギクに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。