ボタンヅル

ボタンヅル(キンポウゲ科)[牡丹蔓]

葉がボタンの葉に似ていてつる性であるとことからこの名がある。
日当たりのよい林縁ややぶなどに生える落葉性の小低木で、縦溝のあるつるを2-4m伸ばして他の草木やフェンスなどを被うように寄りかかる。
葉は有柄で対生し、1回3出複葉で小葉は長さ3.5-7cmの広卵形で縁に不揃いの鋸歯があり、先は鋭くとがる。
本年枝の葉腋から伸びた長さ5-10cmの3出集散状の花序に、多数の花を上向きに開く。花は直径1.5-2cmで花弁はなく、花弁状の萼片が4個、十字形に平開またはやや反曲する。萼片は長楕円形で先は鈍く、外面に灰白色の短毛があり、縁は特に密になる。雄しべと雌しべは多数。花後に花柱が伸びて果時にも残る。
果実は長さ4mmの卵形の痩果で開出毛がある。宿存する花柱は長さ1-1.2cm、長い羽毛状の白毛がある。
関東~中部地方に分布するコボタンヅルは葉が2回3出複葉で痩果は無毛。1回3出複葉で痩果が有毛のものや2回3出複葉で痩果が無毛のものなど、ボタンヅルとの中間的な形質を示すものがときに見られる。ボタンヅルとクサボタンの雑種はムラサキボタンヅルといい、果実は実らない。沖縄県に分布するリュウキュウボタンヅルは3出複葉だが、痩果が扁平。四国以西に分布するコバノボタンヅルは葉は2回3出複葉で小葉は3裂して大きな少数の鋸歯がある。花は直径3-4cmと大きい。
センニンソウは花がやや大きく、葉には鋸歯がなく、厚くてつやがある。
花期:8-9月
分布:本・四・九
撮影:2004.8.1 岩手県山形村
ボタンヅル-2
葉は1回3出複葉で小葉には鋸歯がある。 2006.8.20 岩手県久慈市

センニンソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。