ブタナ

ブタナ(キク科)[豚菜]

ヨーロッパ原産の多年草で、昭和8年に北海道で確認され、以後各地の牧場、原野などに広がった。葉は全て根生する。根元から50-60cmの細長い花茎を伸ばし、上部で1-3個に枝分かれして直径3-4cmのタンポポに似た花をつける。名は、フランスで「豚のサラダ」とよばれていたものを直訳したことによる。八甲田山麓田代平高原では、以前は一面黄色いじゅうたんを敷きつめたように見えるほど殖えていたが、最近はかつての勢いはなくなった。
花期:6-9月
分布:帰化植物
撮影:1999.9.18 岩手県山形村
ブタナ-2
一面の群生するブタナ 2004.6.12 青森県木造町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。