ダイコンソウ

ダイコンソウ(バラ科)[大根草]

根生葉が大根の葉に似ているのでこの名がある。
丘陵地~山地のやや薄暗く湿った樹林下に生え、茎は直立し高さ30-80cmになる多年草。まばらに分枝し、枝は長くて横に張る。全体に軟毛が密生する。
葉は互生し、基部に葉状の托葉がある。根生葉は長い柄がある長さ10-20cmの羽状複葉で頂小葉は普通3裂し、長さ3-6cmの円形~広卵形で大きく、縁に低い鋸歯がある。側小葉は1-2対あって小さく、長さ0.5-3cmの倒卵形。ときに付属小葉片も混じる。茎葉は下部のものは3中~深裂し、上部のものは切れ込まない。縁に重鋸歯がある。
花は長い枝の先にまばらにつき、直径1.5-2cm。盛りは夏だが晩秋でも咲き残った花が見られる。萼は筒部が倒円錐形で5裂し、萼裂片は5個で花時に反曲し、小花柄とともに短毛を密生、副萼片と互生し、花後にも残る。花弁は円形で5個あり黄色。雄しべは多数あり離生する。雌しべは多数で花柱に関節がありS字状にねじれる。
果実は直径約1.5cmの球形の集合果で痩果の集まったもの。果床に長さ2-3mmの帯黄褐色の毛がある。痩果は紡錘形で花後に花柱の関節から上が脱落して残ったかぎ状の毛があり、動物について運ばれる。
開花期の全草を日干ししたものを水揚梅(すいようばい)とよび、利尿、消炎、止瀉などに用いる。腫れ物には生の全草をすりつぶして貼る。
オオダイコンソウは全体に大きく、高さ0.6-1mになる。集合果は楕円形。
花期:6-11月
分布:北(西南部)・本・四・九
撮影:2005.7.30 秋田県能代市
ダイコンソウ-2
日陰の道沿いに群落をつくっていた。 2017.6.29 横浜市栄区

ダイコンソウの葉
葉は羽状複葉で側小葉は小さくて目立たず、頂小葉は3裂して大きい。
2017.6.29 横浜市栄区

オオダイコンソウに戻る ミヤマダイコンソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。