ドクダミ

ドクダミ(ドクダミ科)[蕺草]

名は、毒や痛みに効くということから「毒痛み」あるいは「毒矯め」が転じたものといわれる。十薬ともよばれ、10種類の薬効があるからというが真偽のほどはわからない。葉を蒸したものを貼れば化膿止めに、煎じて飲めば高血圧や便秘などに効くという。全体に特有の臭気があるが、火を通せば臭いは消え、食用になる。
地下茎は長くはい、悪臭に閉口しながら刈り取っても、少しでも地下茎が残っていればまた生えてくる、なかなか駆除が難しい草。北海道にもドクダミは野生化しているが、栽培由来の人為分布と考えられている。

陰湿な林下や屋敷の北側などの日陰地に群生し、高さ20-50cmになる多年草。
葉は互生し軟らかく、長さ3-8cm、幅3-6cmの卵状心形で先は短くとがる。暗緑色で光沢はなく、茎とともにしばしば紅色に染まる。托葉はやや膜質で鈍頭、柄と合着する。
茎の先に円錐形で穂状の花序を出し、花序は長さ2-3cmの柄がある。花穂の直下に4個(ときに5個以上)の白色で花弁状の総苞片がある。総苞片は長さ1.5-2cmの長楕円形で開出し、花後に残る。花穂は長さ1-3cmで多数の花をつけ、下から咲き上がる。花被はなく、3個の雄しべの花糸が下部で子房と合着する。葯は淡黄色、花柱は3個で反り返る。
果実はほぼ球形の蒴果で、花柱間で裂開して細かい種子を散らす。
日本産のドクダミは3倍体で受粉、受精せずに単為生殖するのだという。では花粉は一応できるとしても、受精するための機能を持っていないということなのか。単為生殖できるのに、完全な機能を持った花粉をつくるために無駄なエネルギーを使うとも思えない。
花期:6-7月
分布:本・四・九・沖
撮影:2003.7.13 青森県八戸市
ドクダミ-2
2015.5.18 横浜市中区

センブリに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。