エダウチチゴユリ

エダウチチゴユリ(イヌサフラン科)[枝打稚児百合]

チゴユリの変種で、山野の明るい林内に生える多年草。チゴユリより全体に大きく、高さ50-70cmになる。チゴユリと異なり、茎は直立し上部で1-4回分枝する。葉の裏面脈上に細突起がある。
花被片の長さはチゴユリと変わらず、花柱も先端部で3裂する。YListではチゴユリと区別していない。
酷似したオオチゴユリは、花被片は緑白色を帯び、花柱が基部近くから3裂する。花糸と葯は同長。
花期:5-6月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.5.6 群馬県高崎市
エダウチチゴユリ-2
チゴユリと同様に柱頭は先端部で短く3裂する。

チゴユリに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。