エイザンスミレ

エイザンスミレ(スミレ科)[叡山菫]

名は比叡山に生えるスミレの意味だが、特に比叡山に多いということではない。別名エゾスミレというが、北海道には分布しないので、エイザンスミレが転訛したものと考えられる。
南限は九州南部の霧島付近。下の画像は青森県にある北限地で撮影したもの。図鑑やネットでは「青森県から九州まで広く分布」などとざっくり紹介されているが、実態は青森県でエイザンスミレを見ることはほぼ絶望的で、限られた2か所にわずかに生育しているのみ。
太平洋側の低山のやや暗い木陰に生える複葉のスミレ。日本特産種。地上茎はなく、地下茎は短い。
葉が3全裂して各裂片に柄があり、側片は普通さらに2裂して鳥足状の5小葉に見える。小葉は長さ5-9cmの披針形で粗い欠刻状の鋸歯がある。花後に出る夏葉は長さ15-25cm、葉柄も含めると30cmほどになり、とても同じものとは思えないほど大きくなり、裂片も広くなり3全裂する。
花茎は高さ5-15cm。花は香りがあって大きく、直径2-2.5cmで色は紅紫色から白まで変化がある。花弁は5個で縁はしばしば波打ち、側弁基部に毛がある。唇弁に紫色の筋があり距は長さ6-7mmで太い。萼片は5個で付属体が目立ち、切れ込みがある。
果実は蒴果で3片に胞背裂開する。
白花品はシロバナエゾスミレ、葉が単葉で複葉にならないものをヒトツバエゾスミレという。ナンザンスミレは似ているが、エイザンスミレとヒゴスミレの中間的な形態を持ち、日本では対馬のみに分布する。
花期:3-5月
分布:本・四・九
撮影:2008.4.28 山梨県大月市
北限のエイザンスミレ
エイザンスミレの北限地で撮影したもの 2002.4.20 青森県東部

ヒゴスミレに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。