エノキ

エノキ(アサ科)[榎]

名の由来は、実を鳥が好んで食べられたことから「餌の木」、枝がよく茂るので「枝の木」、器具の柄に適するので「柄の木」、道祖神(さえのかみ)の木の意味で「塞ノ木」の「サ」が略されたもの、など諸説ある。「榎」は和字で、道のほとりの大樹が夏の強い日差しをしのぐことからできたもの。
旧分類体系ではニレ科であったが、APG分類ではアサ科とされた。
山地や丘陵、沿海地の日当たりのよい適湿地に普通に生え、幹は直立して高さ7-20mになる雌雄同株の落葉高木。北限は青森県。よく枝を分け、横に大きく広がった丸い樹形となる。庭木や公園樹として植栽されている。樹皮は灰褐色~灰黒褐色、斑点状の皮目があってざらつくが割れ目はない。若枝は褐色の微毛がある。
葉は互生し、やや厚くてざらつき、長さ4-9cm、幅2.5-6cmの広卵形~楕円形で基部は広いくさび形で左右不相称、先は急に鋭くとがる。縁の上半部に鈍鋸歯があるかまたは全縁。表面は光沢のある暗緑色で無毛、裏面は淡緑色。主脈と基部から伸びる2本の支脈が目立ち、側脈は3-4対で鋸歯の先には達しない。幼木では基部から1/3を除き鋸歯がある。若葉は両面にさび色の短い縮毛がある。葉柄は長さ0.3-1cmで上面に溝があり、軟毛が密生する。
葉の展開と同時に淡黄褐色の花が開く。雄花は新枝の下部に集散花序をつくり、両性花は新枝の上部の葉腋に1-3個つく。雄花は花被片は4個、長楕円状披針形で4個の雄しべと対生する。花糸は淡紫色。花の中央に白い綿毛が密生する。両性花は花被片は4個、雄しべは4個、雌しべは1個で子房は上位、花柱は2裂し、柱頭に白い綿毛が密生する。
果実は直径6-8mmの球形~広楕円形の核果で9-10月に橙色に熟す。果柄は長さ0.5-1.5cm。果肉は少し甘みがあり、干し柿に似た味がする。核の表面に網状紋がある。
昔はよく一里塚に植えられたり、村境にも目標樹として植えられたので各地に大木が残っている。国蝶のオオムラサキの幼虫の食樹。
エゾエノキは北海道~九州に分布し、葉の基部を除いて鋭い鋸歯があり、果実は黒熟する。ムクノキは雰囲気が似ているが、葉の鋸歯は基部まであり、側脈は鋸歯の先まで達する。果実は2-3個が房状について黒熟する。ケヤキは側脈が鋸歯の先まで達し、分岐しない。果実は暗褐色に熟す。
花期:4-5月
分布:本・四・九・沖
撮影:2017.4.20 神奈川県横須賀市
エノキの花
雄花。 2017.4.20 神奈川県横須賀市

エノキの葉
葉はつやがあり基部から伸びた3脈が目立つ。 2017.6.6 神奈川県三浦市

エノキの果実
果実は黄色を経て赤褐色に熟す。 2017.10.12 神奈川県三浦市

エノキの樹皮
樹皮は灰褐色で皮目がざらつくが裂けない。 2017.4.20 神奈川県横須賀市

エノキグサに戻る ヤドリギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。