エノコログサ

エノコログサ(イネ科)[狗尾草]

名は花穂が子犬の尾に似ていることからついたものでもともとは子供の呼び名。また、もとは東京の方言であるが、花穂で猫をじゃらすので別名ネコジャラシという。英名はFox tail grassでキツネの尾に見立てた。学校帰りの道すがら、前を歩く級友の首筋をなでたり服の中に入れて「毛虫、毛虫!」と言って騒いで遊んだ思い出がよみがえる。
日当たりのよい道端や空き地に普通に生える夏の1年生雑草で、いわゆる史前帰化植物で、有史以前の古い時代に渡来したと考えられている。
茎は細く、基部で分枝して倒伏してから立ち上がり、高さ20-70cmになる。
葉は扁平で質が薄く両面とも無毛。長さ10-20cm、幅0.5-1.5cmの線状披針形で先は長くとがり、基部は急に狭まって長い葉鞘となって茎を包む。葉舌は発達しない。
花序は茎の上端につき、小穂が密に集まった長さ2-6cm、直径約8mmの円柱状で直立するかやや垂れる。小枝は短く中軸に白色の開出毛がある。小穂は緑色で長さ2-2.5mmの卵形で鈍頭、第2苞穎は小穂とほぼ同長で、第2小花の護穎は外から見えない。小穂の基部から小枝が退化した小穂の3-4倍長の長い緑色の刺毛が3-7本生えているので、花序全体が柔らかくふっくらした感じに見える。この刺毛は芒とは違うもので、小穂が落ちた後も残る。
小穂の基部の刺毛が紫褐色で、花序が紫褐色に見えるものをムラサキエノコロという。海岸に適応した変種はハマエノコロという。花序が長く、5-12cmあって先が垂れるものをアキノエノコログサといい、個体数は一番多い。
花期:6-11月
分布:日本全土
撮影:2002.6.24 埼玉県東松山市

キンエノコロに戻る ハマエノコロに戻る アキノエノコログサに戻る

ムラサキエノコロに戻る ムラサキオオエノコロに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。