エゾアオイスミレ

エゾアオイスミレ(スミレ科)[蝦夷葵菫]

山地の林下などに生えるスミレで、アオイスミレに似るが、匐枝を出さず、葉が越冬しないという点で異なる。また、花柄をしっかりと直立させることもアオイスミレと異なる。花期の葉は軟らかい毛に包まれ、あまり展開していないことが多い。葉は卵形で先がややとがり、花は淡紫色~白色で、上弁は後方に反り返り、側弁はあまり開かない。別名マルバケスミレという。
花期:4-5月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2009.4.18 秋田県大館市

アオイスミレに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。