エゾヒナノウスツボ

エゾヒナノウスツボ(ゴマノハグサ科)[蝦夷雛の臼壺]

海岸の礫地に生える多年草。高さは0.9-1.2m、葉は長さ8-15cmの広卵形で対生し、翼のある柄があり質は厚い。茎は4稜があり、茎の先端に円錐花序を出し、淡黄緑色にやや紫褐色を帯びた目立たない花をつける。名は小さな壺形の花に由来する。
花期:6-7月
分布:北・本(石川県・岩手県以北)
撮影:2000. 6.24 青森県八戸市
エゾヒナノウスツボ-2
2008.6.28 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。