エゾマツムシソウ

エゾマツムシソウ(スイカズラ科)[蝦夷松虫草]

山地や海岸の岩場、海食崖の上の草地などに生え、高さ30-50cmになる2年草。葉は対生し、葉身中部より下は羽状に裂け、裂片の先はとがる。長い茎の先に直径3-5cmの青紫色の花を1個つける。
普通の環境では、上記のように草丈も高く葉は羽状に裂け、裂片の先はとがる。しかしこの場所のように崖中の極度の風衝地では、高さは低く、茎葉は葉先の裂片が格別に大きく、粗い鋸歯があり、裂片はとがらない。この写真の撮影地も海岸からわずか20mほどで高さ20-30mのザラザラした崖の中腹の岩棚で、到達するためにザイルが必要になるほどの場所。なんとか無事たどり着き撮影した。そこではイブキジャコウソウとともに矮小化したエゾマツムシソウが張り付くように咲いていた。花茎の高さは20cmしかなかった。なお、ここがエゾマツムシソウの南限地と思われ、通常南限といわれている場所のさらに南に隣接した自治体にある。
花期:8-9月
分布:北・本(青森県)
撮影:2006.8.26 青森県西北部
エゾマツムシソウ-2


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。