エゾナミキ

エゾナミキ(シソ科)[蝦夷浪来]

海岸に生えるナミキソウの変種。湿地にまれに生える多年草で高さ30-50cmになる。絶滅危惧Ⅱ類(VU)であり、北海道のほか、本州では青森県と長野県霧ヶ峰の高層湿原に生育するのみ。
地下に細長い走出枝がある。茎は軟らかく、4稜形で稜上にのみ上向きの短毛がある。
葉は対生し、長さ3-5cm、幅1-2.5cmの長卵形で先はややとがる。
茎の上部の葉腋に、青紫色の花が1個ずつ2個同じ向きにつく。基部で折れ曲がってほぼ直立する。花は先が2唇形となり長さ2-2.5cm、下唇に2本の白い筋がある。
ナミキソウに比べ、葉の先が細くなってとがるのがよい特徴。ただし、はっきりとがるものもある一方、とがりが鈍いものもあり、変異が連続的であるため個体変異の範囲内とする見解もある。
花期:6-9月
分布:北・本(青森県・長野県)
撮影:2006.7.23 青森県東部
エゾナミキ-2
湿地に生え、葉先はややとがる。下唇に白い筋が2本入る。 2005.9.4 青森県東部

ナミキソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。