エゾノコギリソウ

エゾノコギリソウ(キク科)[蝦夷鋸草]

北日本の海岸近くの草原に生える多年草で、高さ10-80cmになる。葉は3-7cmの長楕円形で、他のノコギリソウの仲間のように櫛の歯状には切れ込まないが、細かい鋸歯がある。頭花は直径1-3cm、舌状花は白色で2列に並び、12-19個。総苞には密に毛がある。
花期:7-9月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2009.7.26 青森県深浦町

ノコギリソウに戻る キタノコギリソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。