エゾノシシウド

エゾノシシウド(セリ科)[蝦夷の猪独活]

海岸の草地に生え、高さ1-1.5mになる多年草。シシウドに似て北海道に生えることからこの名があるが、青森県にも産する。茎は太く、葉は1-2回羽状複葉で厚くて光沢がある。セリ科の植物は区別が難しいものが多いが、これは小葉が菱状卵形であることでそれとわかる。変種のエゾヤマゼンコは、北海道の亜高山帯~高山帯に生え、花はよりまばらにつくが、エゾノシシウドと同一のものとする見解もある。
花期:6-7月
分布:北・本(青森県)
撮影:2008.6.28 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。