エゾノタチツボスミレ

エゾノタチツボスミレ(スミレ科)[蝦夷の立坪菫]

別名イヌスミレという。
低地~山地の林下や草原にしばしば群生し、茎は2-3本叢生して直立し高さ20-40cmになる大型のスミレ。地上茎があり、全体に白色の短毛がまばらに生える。地下茎は短い。花の色や葉の形は変異が大きい。
根生葉は長さ1.5-2.5cmの円心形で花期には枯れていることが多く、下方の茎葉は退化している。上方の葉は長さ2.5-5cm、幅3-5cmの円心形~3角状心形で長さ2.5-5cmで低い鋸歯があり、先は急にとがり、基部は心形。葉柄の基部の托葉は長さ1.5-2.5cmの長楕円形で櫛の歯状に深裂する。
葉の腋から5-10cmの花柄を出し、直径1.5-2cmほどの、丈の割には小さな淡紫色の花をつける。花弁は5個で長さ0.8-1.5cm、上弁はウサギの耳状で反り返り、側弁の内側に白い毛がある。唇弁に紫条があり、距は白色で長さ2-4mmと短く背面中央に溝がある。柱頭に肉質の突起毛があるのが特徴で、側弁にも毛が多く生えている。萼片は有毛、狭披針形でしだいに長くとがる。雄しべは5個。
果実は楕円形で無毛の蒴果。
エゾノタチツボスミレの白い花をつける品種をシロバナエゾノタチツボスミレという。
花期:4-6月
分布:北・本(岡山以北)
撮影:2002.5.3 青森県五戸町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。