エゾノタウコギ

エゾノタウコギ(キク科)[蝦夷の田五加木]

北日本の湿原に生える無毛の1年草で高さ15-70cmになる。
葉は長さ2.5cmほどの柄があって対生する。2-3対に羽状深裂し、裂片は線状披針形で先がとがる。縁に大きな鋸歯があり、内側に曲がる。両面とも無毛。
頭花は両性の筒状花のみからなり上向きに咲き、初め直径1.8cm、のちに2-3cmとなる。総苞片は葉状で長さ2-3.5cm、1列12-14個が並び開出する。まれに7cmにもなり羽状中裂することがある。外側の花床の鱗片は長さ8mmの卵状長楕円形。両性花の花冠は長さ2-3.5mmで先は4裂する。
痩果は扁平で長さ4.5-5.5mm、幅1.5-2mmのくさび形、縁と中肋に小さい下向きの刺があり、芒は2本で長さ2.5-3mm。
タウコギは痩果の長さが0.7-1.1cmと長く葉も幅が広い。
花期:8-9月
分布:北・本(宮城県以北)
撮影:2006.8.27 青森県つがる市

タウコギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。