エゾノヨロイグサ

エゾノヨロイグサ(セリ科)[蝦夷の鎧草]

名は、ヨロイグサに似て北海道に多いことからついたもの。鎧の名は細長い小葉を鎧の板に見立てたもの。
日当たりのよい山地や海岸に生え、茎は無毛で細く紫色を帯び、直立し上部で分枝して高さ1-2mになる大型の多年草。
あまり脇に広がらず、茎が紫色を帯びて細く、花が半球形に盛り上がっていればこれと察しがつく。「背が高いのに痩せてひょろひょろ」というイメージがあり、区別がつきにくいセリ科にあって、慣れるとすぐそれとわかるようになる。
葉は長さ幅とも30-50cmの2-3回3出羽状複葉。小葉はまばらで狭卵形、2-3裂して縁に鋸歯があり、質は厚くて硬く、表面に光沢があり裏面は帯白色。葉柄の基部は大きな鞘となる。
花は直径3mmほどの白色の5弁花で、淡紅色を帯びるものもある。この小花が30-40個集まって半球状の花序となり、それが40-60個集まって大きな傘形の複散形花序を形成する。総苞片や小総苞片はない。
果実は長さ6-7mmの楕円形で両翼は狭い。
よく似たエゾニュウは茎が太く、高さ3mに達する。
花期:7-8月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2006.8.6 青森県八戸市
エゾノヨロイグサ-2


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。