エゾタツナミソウ

エゾタツナミソウ(シソ科)[蝦夷立浪草]

名はタツナミソウに似て北海道に多いことから。
山地のやや明るい木陰に生え、茎は細く4稜があり高さ30-60cmになる多年草。細長い地下茎がある。
葉は長い柄があって対生し、長さ2-4cmの卵状3角形で縁に粗い鋸歯があり、基部は広いくさび形~切形~浅い心形で先は鈍形。質が薄くほぼ無毛。
茎の先の長さ3-6cmの花序に1方向に偏って青紫色の唇形花をややまばらにつけ、下から順に咲いていく。軸から約60度に曲がって斜上してややまばらに花がつく。他のタツナミソウの仲間は、花の基部で直角に上に向かって立ち上がるが、これは花の基部は曲がらず、斜め方向に突き出るのみ。萼は2唇形で花後に閉じて果実を包む。花冠は筒部が長い2唇形で長さ2cm。上唇はかぶと状に膨れ下唇は上唇より長い。腺毛が密生し、白い下唇が扇状に開く。
分果は赤褐色で長さ1mmほどの円形。
基本種のヤマタツナミソウは5-6月に咲き、葉が厚く両面に粗い毛がある。
花期:5-8月
分布:北・本(近畿以北)
撮影:2000.7.1 岩手県種市町

ヤマタツナミソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。