エゾツルキンバイ

エゾツルキンバイ(バラ科)[蝦夷蔓金梅]

海岸の塩性湿地にウミミドリなどとともに群落をつくって生える多年草で、茎は地をはって節から根を下ろして殖える。葉は羽状複葉で、9-19個の長楕円形の小葉からなる。葉の裏面は綿毛が生え、白く見える。花は直径2-3cm、黄色の5弁花。
花期:5-7月
分布:北・本(北部)
撮影:2003.6.7 青森県六ヶ所村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。