ギンミズヒキ

ギンミズヒキ(タデ科)[銀水引]

名は、白い花が細い花茎に連なるのを双銀の水引にたとえたものか。
ミズヒキの品種で花被全体が白色のものをいう。特に珍しいものではなく、ミズヒキと同様の環境でよく見られる。
低地~山地の林内や日陰のやぶ、道端に生える多年草で、茎は粗い毛が生え、直立してまばらに枝を分け、高さは40-80cmになる。
葉は互生し、長さ7-15cm、幅4-9cmの楕円形~広楕円形で全縁、基部は広いくさび形、先は急にとがる。質は薄くて両面に粗い毛があってざらつき、表面の葉脈はへこむ。托葉鞘は筒状で膜質、褐色、先は斜めに切れる。
茎の先の長さ30cmほどの細長い総状花序に直径3-4mmの白色の小花を横向きにまばらにつける。花茎はミズヒキのように赤みを帯びない。花被(萼)は4裂し長さ2-3mmの卵形。雄しべは5個、ときに4個。花柱は先が2裂し細長くかぎ状に曲がり、残存する。
果実は長さ約2.5mm、扁平な卵形の痩果で光沢がある。花被片に包まれて熟し、かぎ形に曲がった残存花柱で動物に着いて運ばれる。
花期:8-10月
分布:日本全土
撮影:2014.9.17 横浜市中区
ギンミズヒキの花
2017.9.29 神奈川県葉山町

ミズヒキに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。