ギンラン

ギンラン(ラン科)[銀蘭]

花が黄色いキンラン(金蘭)対し、白い花を銀に見立ててこの名がある。キンランは主に関東以西に多く、青森県ではまず見ることができないが、ギンランは多いとはいえないまでもよく目にする。純白の花は、僅かに開くだけで完全に開くことはなく、そのつつましやかで気品ある姿はなかなか捨てがたいものがある。
山地帯~亜高山帯の林床に生え、茎は円柱形で無毛、直立して高さ20-40cmになる多年草。キンランより小さい。
葉は3-6個あって互生し、長さ3-8cm、幅1-3cmの狭長楕円形で縦に脈があり無毛、先はとがり基部は茎を抱く。
茎の先の総状花序に白色で長さ1cmほどの花を3-10個つけ、半開したまま咲き終わる。苞は小さく、長さ1-3mmの狭3角形で下位の1-2個は長くなるがそれでも花序より短い。萼片は長さ7-9mmの披針形で先はややとがる。側花弁は萼片より少し短い広披針形で鈍頭。唇弁は蕊柱の基部につき、基部は短い距となり、舷部は3裂し、側裂片は3角形、中裂片は楕円形で短くとがる。中裂片の中央に淡黄褐色の隆条が5本ほどある。蕊柱は直立し、先端に広卵形の葯があり、葯室は2個、長楕円形の粉質の花粉塊を入れる。
果実は蒴果で直立する。
距のほとんどないタイプもあり、変種のクゲヌマランと間違えやすいので注意が必要。
別種で、葉状の苞が花茎よりも高く伸びるササバギンランは、本種よりも個体数が多いように感じる。また葉が鱗片状に退化したユウシュンランもまれに見られる。
花期:5-6月
分布:北・本・四・九
撮影:2011.6.4 秋田市

ササバギンランに戻る ユウシュンランに戻る キンランに戻る

クゲヌマランに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。