ゴボウ

ゴボウ(キク科)[牛蒡]

別名ノラゴボウ
ユーラシア原産の2年草で、野菜として栽培したものがまれに道端や空き地に野生化している。高さは0.5-1.5mになり、食用にするのは地下の太い根。
葉は長い柄があって互生し、大型の心形で縁に鋸歯があり、裏面に毛を密生する。
茎の上部にアザミに似た直径4cmほどの筒状花のみからなる頭花をつける。総苞片は針状で先がかぎ状に曲がり、熟すと動物に付着して運ばれる。
秋に熟した種子を日干し乾燥したものを牛蒡子(ごぼうし)といい、浮腫、腫れ物、咽頭痛に用いる。
花期:6-9月
分布:帰化植物
撮影:2006.7.9 秋田県男鹿市

ヨウシュヤマゴボウに戻る シラヤマギクに戻る ヤマゴボウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。