ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ(ミズキ科)[御前橘]

名の「御前」は加賀の白山の主峰御前峰〈ごぜんがみね〉のこと。「橘」は葉と実がカラタチバナと似ていることからついたもの。
山に登ればわりと普通に見ることができ、登山者にはなじみ深い花。
亜高山帯の針葉樹林の林床や高山帯のハイマツの縁などに生える。
茎は4稜があって直立し、下部は木質化して高さ5-15cmになる常緑の多年草。根茎を長く引くのでしばしば群落をつくる。
葉は茎頂につき、長さ3-6cm、幅1-3cmの広楕円形で全縁、縦の脈が目立ち、先はとがる。葉が4個のものと6個のものがあり、2-3対が対生しているが、接近しているので輪生のように見える。花の咲く株は葉が6個で、2個だけが他の4個より大きい。
茎頂に1個の花柄を出し、1個の花に見える花序をつける。花序は直径2-4cmで、4個ある白色の卵形で花弁状のものは総苞片で、長さ0.7-1cm、本物の花は小さく、黄緑色で真ん中に10-35個が集まってついている。花は4数性で花弁と雄しべは4個。
果実は直径5-8mmの球形の核果(石果)で、花の数だけ全部が結実するわけではなく、数個が集まって赤熟し、まるでブローチのよう。
北海道東部に稀産するエゾゴゼンタチバナは、葉が輪生状にならず、4-5段に十字対生する。花弁の色は暗紫色を帯びる。
花期:6-7月
分布:北・本(中部以北、奈良県)・四
撮影:2008.8.3 長野県小谷村
ゴゼンタチバナ-2
葉の幅が狭いタイプ。 2013.7.7 秋田県東成瀬村

ゴゼンタチバナの果実
ゴゼンタチバナの果実 2005.9.11 秋田県鹿角市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。