ハダカホオズキ

ハダカホオズキ(ナス科)[裸酸漿]

名は果実がホオズキに似るが、大きな袋状の萼で包まれていないことからついたもの。
丘陵地~山地のやや湿った沢沿いや林縁に生え、高さ60-90cmになる多年草。太い根がある。茎は無毛で直立しよく枝を分ける。
葉は互生し薄くて軟らかく、長さ8-18cm、幅3-9cmの卵状長楕円形~長楕円形で全縁または波状の浅い凹凸がある。先はしだいに狭くなって柄となり、先は鋭くとがる。
葉腋から2-4個の細い花柄を出して目立たない花をつり下げる。花冠は淡黄色、直径8mmほどの短い鐘形で半ばまで5裂し、裂片は反り返る。雄しべは5個で離生し、葯隔は厚く肥大し、内面に2個の葯室がつく。雌しべは1個。萼は浅い皿形でほとんど裂けず、花後に大きくなって果実を包むことはない。
果実は直径0.7-1cmの球形の液果で赤く熟す。種子は扁平でやや円形、種皮に粗い網目模様がある。
中国では果実のついた全草を乾燥させたものを龍珠(りゅうじゅ)とよび、腫れ物に用いる。
葉が厚く、先がとがらないものをマルバハダカホオズキという。
花期:8-10月
分布:本(秋田・宮城県以南)・四・九・沖
撮影:2017.9.7 神奈川県横須賀市
ハダカホオズキの花
花冠は短い鐘形で5裂して反り返る。 2017.9.7 神奈川県横須賀市

ハダカホオズキの果実(液果)
果実はホオズキのように大きな袋に包まれない。
2017.11.1 神奈川県横須賀市

ハダカホオズキの葉
葉は基部も先も細長くとがる。 2017.11.1 神奈川県逗子市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。