ハエドクソウ

ハエドクソウ(ハエドクソウ科)[蠅毒草]

根を煮詰めた汁で蠅取り紙を作ったのでこの名がある。
林の中や縁などの日陰に普通に生える多年草。茎は鈍に稜があって下向きの短毛が生え、直立して上部でしばしば分枝し高さ30-70cmになる。
葉は長い柄があって対生し、質は薄く深緑色で両面に短毛があり、長さ7-10cm、幅4-7cmの卵形~長楕円形で粗い鋸歯があり、基部は切形~心形で先は細くとがる。
茎頂や枝の先に長さ10-20cmの細長い穂状花序を出し、対生した花を小さな苞の腋に1個ずつまばらにつける。花は下から咲きあがり、蕾は上向きで開花時に横を向く。萼は筒状で先は唇形となり上唇の先端に刺状のやや長い赤褐色の3歯があり、下唇には小型の2歯がある。萼は果期には伸びて長さ5-6mmになる。花冠は白く、上唇は淡紅色を帯びる。長さ5-8mmの筒状で先は唇形、上唇は浅く2裂し、下唇は広く開いて3裂する。雄しべは4個で花筒内にあり、下側の2個はやや短い。葯は2室で縦に裂ける。子房は上位で狭倒卵形2心皮からなり、1室1胚珠がある。花柱は細く、先は2裂する。
果実は長さ5mmの蒴果で萼に包まれて下向き茎に圧着して実り、萼の先端が硬くなってかぎ状に曲がり、イノコヅチに似て動物にくっついて運ばれる。種子は1個。
ハエドクソウは旧分類体系では1科1属1種であったが、APGⅢ体系ではミゾホオズキ属やサギゴケ属などもハエドクソウ科に含まれることになり、だいぶ仲間が増えた。
葉が長楕円形で基部がくさび形、花期が早いものをナガバハエドクソウといい、関東南部で見られるのは主にこちら。
花期:6-8月
分布:日本全土
撮影:1999.7.3 青森県八戸市
ハエドクソウ-2
2013.8.10 青森県八戸市

イノコヅチに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。