ハマベンケイソウ

ハマベンケイソウ(ムラサキ科)[浜弁慶草]

名は海岸に生え、ベンケイソウに姿が似ていることからついたもの。海岸の礫地や砂地に生える多年草で、茎はよく分枝して横に広がり、長さ1mに達する。葉は多肉で倒卵形、色は白緑色。枝の先に青紫色の花を数個ぶら下げる。花が終わると花冠がぽろりと抜け落ちる。
花期:7-9月
分布:北・本(北部)
撮影:2002.7.20 青森県三厩村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。