ハマボッス

ハマボッス(サクラソウ科)[浜払子]

花序を禅僧が説法で使う仏具である払子に見立ててこの名があるというが、残存花柱を持った果実を払子に見立てたという説のほうが説得力がある。
海岸の波しぶきを浴びるような岩場に生え、ロゼット葉で越冬する2年草。礫の多い砂地にも生え、日本各地の海岸に広く自生する。
茎は3-4稜がある円柱状で赤みを帯び無毛、根元から分枝して株立ちになり、高さ10-40cmになる。葉や萼に黒い腺点がある。
葉は互生し、肉質で光沢がある。長さ2-5cm、幅1-2cmの倒卵形~倒卵状長楕円形で、先は円く基部はしだいに細まり柄状になる。
茎の先に総状花序をつけ、直径1-1.2cmの白色の花を多数つける。花序は初めは短く、開花が進むと伸びて長さ4-12cmになり、下から咲いていく。葉状の苞の腋に1個ずつ花をつける。花冠は5深裂し、裂片はくさび状長楕円形で平開する。雄しべは5個、雌しべは1個。
果実は直径4-6mmの球形の蒴果で残存花柱が目立つ。若い果実は赤くてよく目立ち、熟すと頂上に穴があき、小さな種子をまき散らす。
花冠が紅色を帯びる品種があり、ベニバナハマボッスという。特に沖縄に多く見られる。
花期:4-7月
分布:日本全土
撮影:2008.5.1 神奈川県横須賀市
ハマボッス-2
雄しべは5個 2016.4.27 神奈川県横須賀市

ソナレムグラに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。