ハマダイコン

ハマダイコン(アブラナ科)[浜大根]

海岸の砂地に生え、高さ30-70cmになる2年草。葉は羽状に深裂し、頂裂片が大きい。花は直径2-2.5cmで花弁が4個あり色は紅紫色。根はあまり太らない。肥料をやって栽培すると普通の大根のようになることから、大根の野生化したものといわれていたが、最近の研究ではどうも疑問なようだ。ダイコンは地中海周辺か中央アジア原産で、中国を経て渡来したといわれている。昔は「おおね」とよんでいたが、音読みで「ダイコン」とよぶようになった。
花期:2-6月
分布:日本全土
撮影:2008.5.1 神奈川県横須賀市
ハマダイコン-2
2008.5.1 神奈川県横須賀市

ハマダイコン-3
果実。 2017.4.25 神奈川県横須賀市

ショカツサイに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。