ハマエンドウ

ハマエンドウ(マメ科)[浜豌豆]

名は、浜に生え、全体にエンドウに似ているとこからついたもの。
海岸の砂浜や海岸付近の道端に生えるほか、湖岸や川岸の砂地にも生える多年草で、砂が安定していればあまり場所を選ばない。茎は横にはい、長さは1mに達し、上部は斜上して高さ20-60cmになる。茎に稜角があるが翼はない。全体にほぼ無毛で粉白色を帯び、長い地下茎を伸ばして殖える。
葉はまばらに互生し、3-6対の小葉を持つ偶数羽状複葉で、先端は巻きひげになるが、他の植物などに巻き付くことはあまりない。巻きひげは分岐しない。小葉はやや肉質で長さ1.5-3cm、幅1-2cmの卵形~長楕円形で全縁、先は円く先端は小さい針状にとがる。1対の托葉は小葉と同長かより大きく、3角状卵形で先はとがる。
葉腋から長さ6-9cmの花柄を出し、総状に3-6個のマメ科特有の蝶形花をつける。花は長さ2.5-3cmあり、旗弁は咲き初めは紅紫色でのちに青紫色に変わる。2個の翼弁が竜骨弁を覆う。竜骨弁は鈍頭。翼弁が白色のタイプと青紫色のタイプがある。萼は斜形で長さ1.2-1.5cm、上部は5裂する。裂片は狭3角形、下部の3片は上部の2片より長く、最下のものは常に萼筒より長い。花期が長く、初夏から晩夏まで名残惜しそうにぽつりぽつりと咲き続ける。
豆果は無毛で長さ5-10cm、幅1cmの線状長楕円形で扁平、熟すと黒褐色になり、2片に裂開する。種子は数個でき、褐色で球形。
スイートピーの仲間であり、若い実は食用になるが、弱い毒性があるので火を通すのが無難だろう。また美しいので庭で栽培する人もいるようだ。
花弁全部が白色のものがまれにあり、ユキイロハマエンドウという。
茎や葉、萼に軟毛が生えるものをケハマエンドウといい、北海道~本州の日本海側に見られる。
花期:4-7月
分布:日本全土
撮影:2011.6.5 秋田県男鹿市
ハマエンドウ-2
翼弁が青いタイプ。 2017.4.25 神奈川県横須賀市

ハマエンドウ-3
2011.6.5 秋田県男鹿市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。