ハマゴウ

ハマゴウ(シソ科)[蔓荊・浜香・浜栲]

名は、浜をはう姿からハマハウ、ハマホウから転訛したという説、この葉をつぶして抹香を作ったことから「浜香」となったという説などがある。別名ハマハヒ(ハマハイ)。ハマボウともいうが、ハマボウはアオイ科の別種の標準和名なので使わない方がいい。
海岸の砂地に群生する落葉小低木で、幹は砂の上や中を長く横にはって伸び、根を下ろす。樹皮は灰褐色。幹から高さ30-60cm、4稜のある枝を立て、若い枝には灰白色の短毛が密生する。葉や果実をもむとユーカリの葉に似た芳香が立つ。
葉は対生し、長さ3-6cm、幅2-4cmの楕円形~広卵円形で全縁、基部は円形で先は鈍形~円形。裏に微細な灰白色の毛が密生するので、葉の表も白く縁取られているように見える。葉柄は長さ0.5-1cm。
枝先に長さ4-7cmの円錐花序を出し、淡青紫色の唇形花を多数つける。花序の軸に灰白色の短毛が密生する。花冠は長さ1.2-1.5cmの漏斗状で外面に短毛があり、上唇は小さくて2裂、下唇は3裂して中央裂片が大きい。萼は長さ約3mmの杯形で5歯がある。雄しべは4個でうち2個が長く、花柱とともに花外に少し突き出る。
果実は直径6-7mmの球形の核果で淡黒色に熟し、下半部は不規則に裂けた宿存萼に包まれる。核は1個で直径5mmほどの球形で4室。
漢方では乾燥させた果実を蔓荊子(まんけいし)とよび、強壮、風邪薬、浴場料に用いる。
北の代表的な海浜小低木ハマナスに対し、南の海岸を代表するものであるが、青森県にもいくつか小群生地があり、上の画像の撮影地辺りが日本海側の北限だろう。下北半島の平舘海峡沿いにも生えていて、こっちが最北限と思われる。
ときに単葉と3小葉を持つものがあってカワリバハマゴウとよばれ、奄美大島や沖縄県に生える。
花期:7-9月
分布:本・四・九・沖
撮影:2002.9.2 青森県西北部
ハマゴウ-2
葉の縁は白く縁取られて見える。 2016.8.4 神奈川県横須賀市

ハマゴウ-3
2017.7.27 神奈川県横須賀市

ハマゴウの花
雄しべは4個で2個が長い。 2016.7.5 神奈川県三浦市

ハマゴウの果実
果実は黒色に熟す。 2016.10.20 神奈川県三浦市

ハマボウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。