ハマニガナ

ハマニガナ(キク科)[浜苦菜]

海岸の砂地に生える多年草で、地下茎を横に長く伸ばして殖える。葉は厚く、長い柄があるが柄の部分の多くは砂の中に埋もれている。葉の形はキクの葉状から切れ込みのないものまで変化がある。名はニガナに似て海岸に生えることによるが、ニガナよりもイワニガナに近い。葉がややイチョウに似ているということで、ハマイチョウの別名がある。
花期:4-10月
分布:日本全土
撮影:2010.8.22 岩手県陸前高田市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。